雨漏りは放置してはいけません

subpage1

一度雨漏りが起きてしまうと修繕にはそれなりに高額な費用がかかります。


その規模が大きければ大きいほど費用負担も重くなりますから、「生活に不便が無いから今は修繕しなくても良いだろう」と考えてしまう人も少なくはありません。

ですが将来的なことを言えば、こういった判断は絶対にしてはいけません。ではどうしてそう言えるのかというと、最大の理由となるのが先ほどの「規模が大きければ大きいほど費用負担が重くなる」という部分です。



雨漏りを放置した場合、当然ではありますが雨が降るたびにそこから水が入り込み続けることになるでしょう。

水というのは一般的に思われているよりも住宅へのダメージが大きく、特に木造住宅の場合はそこから木が腐っていくことにもなりかねません。

47NEWSの詳細情報を掲載しています。

もし天井の木が腐れば居住空間にも水が入ってくることになるでしょうし、その状態を回復するとなると屋根だけを直すよりも遥かに高額な費用がかかることになります。

時折見られるのが「そうは言っても雨漏りから天井が腐るまでには相当時間がかかるだろう」という考え方ですが、これは大間違いです。よほど特殊な住宅でもない限り天井の木は本来水が触れることを想定していませんから、水がかかることに対して対策をしているところはほとんどありません。そのためたった一つの小さな雨漏りが住宅全体の修繕に繋がることもあり得るのです。



こういったことを避けるには雨漏りが発生したと分かった段階で修繕を行うほかありませんから、甘く見ずになるべく早く業者に見てもらうようにしましょう。

大人の常識

subpage2

雨漏りの原因には、建物の老朽化が第一に考えられます。瓦屋根は下地の板の上に防水シートを張ってその上に瓦を敷く構造となっています。...

more

生活の実態!

subpage3

雨漏りは屋根から発生すると考えがちですが、必ずしもそれだけではありません。外壁塗装が剥がれたり、窓のサッシに隙間ができたりしても、雨水が侵入してきます。...

more

生活の常識

subpage4

屋根結露という症状も存在するので見えない天井裏が結露して雨漏りになることもあります。屋根の下地合板は下地材を接着剤によってくっつけているので湿気により膨張し、乾燥して収縮を繰り返すと自然と剥がれていきます。...

more

人に言いたい生活

subpage5

雨漏りを放置しておくと水滴がどんどん屋内へ伝わり、柱や梁を腐食させてしまいます。こうした家は小さな地震や風害でも倒壊する恐れがあったり、シロアリが発生しやすくなったりします。...

more