雨漏りの原因と対策について

subpage1

雨漏りの原因には、建物の老朽化が第一に考えられます。

瓦屋根は下地の板の上に防水シートを張ってその上に瓦を敷く構造となっています。
瓦は雨水を受け流す役割を持っていて、防水シートは強い雨が降って瓦の下に雨水が入り込んでも、下地の板に雨水が染み込むのを防ぐ役割を果たしています。
瓦と防水シートにより屋根は雨水から守られているので、老朽化によって瓦がずれたり割れたりすると、防水シートがむき出しとなってしまい、直射日光や雨風に晒されることで劣化し防水効果が著しく低下してしまいます。



また雨どいに鳥が巣を作ったり、落ち葉が大量に詰まったりした場合には雨水が流れず、あふれることによって雨漏りが起こります。



更に棟瓦のずれも考えられます。

棟瓦のずれは、棟瓦を固定している棟土が経年によって劣化し、粘り気を失うことで起こります。
棟瓦がずれてしまうと雨が吹き込んで雨漏りが起こるだけでなく、瓦が落下する危険も出てきます。


自分でできる対策方法としては、防水アルミテープを貼ったりシリコン補修、排水溝の清掃やブルーシートを屋根に被せるなどがあります。

MBSニュースについての情報を提供しています。

ただしこれは応急処置であり、また高所作業で危険なので修理業者に依頼することが推奨されます。


傷んだ漆喰や、割れた瓦やスレートを取り替え、傷んだ下地も新しいものに変えて新たに防水コーティングを施すことで雨水の入り込む隙間も埋めます。

また経年劣化だけではなく、台風によって屋根が傷んだ可能性がある場合には、保険が適用される場合もあります。