雨漏りの原因は特定しにくい

subpage1

雨漏りは屋根から発生すると考えがちですが、必ずしもそれだけではありません。外壁塗装が剥がれたり、窓のサッシに隙間ができたりしても、雨水が侵入してきます。
ベランダのコンクリートがひび割れていたり、換気扇など開口部の防水処理が不完全だったりすることも原因になります。

目的に応じたエキサイトニュース関連の情報をたくさん掲載しています。

そのほか雨樋が枯れ葉やゴミで詰まり、水が溢れて漏れてくる場合もあります。
屋根から雨水が入ってくる場合も、原因はいろいろなことが考えられます。



瓦が割れたりずれたりしている、瓦を支える漆喰部分が崩れている、金属製の屋根が浮いたり腐食したりしている、等々のケースがあります。こうした雨漏りは経年劣化で起こりやすくなりますが、多くの場合は台風や大雨などがきっかけになります。

その時は何ともないように見えても、徐々に雨水が浸透し、気づいたときには大規模な補修が必要になることもあります。このように雨漏りの原因を特定するのは難しいため、業者に頼んで修理してもらっても、再発するケースが少なくありません。もし雨漏りが止まらないとしたら、ほかに原因があるのかもしれません。
屋根専門の業者は屋根だけに注目しがちで、他の部分には目が届かない可能性があります。

雨漏り修理に数多くの施工実績がある業者であれば、確実な処置を期待できるでしょう。


なお修理を頼む際には必ず見積を取って、修理箇所や内容につき詳しい説明を受け、料金に納得してから契約を結ぶことが大切です。