結露も雨漏り原因の可能性がある

subpage1

屋根結露という症状も存在するので見えない天井裏が結露して雨漏りになることもあります。
屋根の下地合板は下地材を接着剤によってくっつけているので湿気により膨張し、乾燥して収縮を繰り返すと自然と剥がれていきます。


屋根結露を起こした際には下地号版の強度もなくなってきて、剥がれてきます。


雨漏りが原因による症状としては天井や壁のカビです。


カビが発生することによって喘息やアレルギー性皮膚炎や鼻炎などの症状を引き起こします。屋根結露による雨漏りによって断熱材や木材の劣化も懸念されるので早めに点検、修理を行うことが重要です。
屋根結露の原因としては屋根裏の換気が必要です。
冬場は暖房をつけるので暖まった空気が天井裏に停滞し、冷たい外気に冷やされることによって結露を発生させます。
暖かい空気を上昇する性質があるので必ず換気孔を付ける必要があります。
住宅のてっぺんである棟と呼ばれる部分に設置することがポイントです。

コトバンクについて知りたいならこちらのサイトは便利です。

屋根の葺き替え工事を行う際も棟換気孔を設けることが重要です。

一番屋根結露を起こす可能性が高いこととしては屋根塗装の不備です。
屋根塗装では縁切りという作業方法を行うことが最も重要です。カラーベスト屋根だと重なり部分の隙間を埋めてしまうと毛細管現象によって住宅内に雨漏りしてしまう可能性が高まります。



きちんと塗装が乾いた状態で縁切りすることによって効果があります。

職人が一つ一つ丁寧に作業をするので時間がかかる問題を解消するためにタスペーサーという道具を使用しての作業が一般的となっています。